どんな髪型にしたいのかを上手く伝える方法

美容院で理想の髪型にしてもらうために、希望の上手な伝え方のコツをお届けします。

理想の髪型にするために

多くの人が悩む、髪型の伝え方。 ですが美容院へ行く時はヘアカットを主に行く人が主です。 美容師さんとの会話が苦手という人も多いですから、少しでもお互いに困らないやりとりをしたいですね。 事前にどんな準備が出来るのかという方法をお伝えしていきます。

ヘアカットを頼む時

美容院に行くタイミングは人それぞれです。
定期的に行って整える人もいれば、忙しさに後回しになったしまう人とそれぞれです。
「流行りの髪型にしたい」「伸びてきてしまったからそろそろ整えたい」と目的を持ったは良いけれど、それを美容師さんへどう伝えようかと悩みますよね。
自分のイメージを上手く言いきれずに、納得できないまま美容院を後にしてしまった人もいるのではないでしょうか。
言葉だけでイメージを伝えるのは難しく、相手の美容師さんも人間ですから必ずしも上手くいくわけではありません。
時には美容師さん本人の腕前はセンス、好みに左右される場合もあります。
自分の希望の髪型を言葉で伝える事は、プロの美容師同士でも難しいと言われています。
ですが、お金を払って髪を切ってもらう以上は、出来るだけ自分の理想に近い、納得のいく形にしてもらいたいですよね。

まず美容院への事前予約はしっかり行いましょう。
時間も、自分はもちろん店側にも余裕のある時間を指定して、混雑時を避けると良いでしょう。
忙しい時間に行った場合はあまりゆっくりと話しを聞いてもらえなかったり、髪型にじっくりと時間をかけてもらえないリスクがあるからです。
また、服装やメイクなども、希望の髪型に合ったものにしましょう。
より、美容師さんに自分の好みやイメージが伝わります。
ただ、パーカーなどフードが付いた服装や、髪をしっかり結った状態での来店は避けた方が良いでしょう。
フード部分のボリュームがカットをする際に切ずらかったり、髪を結う事で癖がつき、髪の状態を正しく見る事に影響がでたりもします。

事前に出来る限りの準備もして、気持ちよく美容院を利用できるようにしていきましょう。

カラーを入れる場合

自宅で自分で染めるよりも、美容院で染めてもらった方がむらなく染まるものです。 髪型と同様、染める以上は出来る限り自分の理想の色に染めておしゃれを楽しみたいですよね。 また、初めてカラーリングをするときはパッチテストが必要になりますから、実施しているかどうか予約の際に必ず確認をしておきましょう。

パーマをかけたい

パーマをかけたいとは思っても、種類がよくわからず思いとどまってしまう人も多いのではないでしょうか。 いざ美容院へ行き「パーマをかけたいです」と踏み切っても、美容師さんの独自の判断で希望とはまったく違う形になってしまったという事もありますから、事前にしっかり準備をしていきましょう。

リンク集

TOPへ戻る